• 2020.12.28

住宅ローンの三大疾病にかかる人はどれくらい?加入する際の注意点を紹介

執筆者: 政所温也 (株式会社Choices 代表取締役)
住宅_夫婦

住宅ローンに「三大疾病保障」はつけたほうがいいのかな?

三大疾病(がん・心筋梗塞・脳血管疾患)は日本人の三大死因と言われていますが、住宅ローンに三大疾病保障特約を付けると金利が上がるのがネックです。

住宅ローンの金利が上がっても三大疾病をつけるべきか悩む人もいるでしょう。

結論からいうと、三大疾病保障は付けたほうがいい人と、付けなくていい人がいます。

なぜなら人によって病気にかかるリスクと、月々支払っていく保険料のバランスは異なるからです。

たとえば40歳で住宅ローンを借り入れる人なら、住宅ローン返済中に三大疾病にかかる可能性は高まります(※)。

その場合、三大疾病保障に加入するのは良い選択肢と言えるでしょう。

当記事では三大疾病保障の必要性を判断する方法や、注意点について詳しく解説しています。

三大疾病保障特約を付帯できるおすすめの住宅ローンも紹介していますので、三大疾病保障について悩んでいる人は参考にしてくださいね。

この記事を執筆・監修している専門家

執筆者

政所温也

株式会社Choices 代表取締役

保有資格・検定

2級ファイナンシャル・プランニング(FP)技能士、損害保険募集人、損保自動車専門試験合格

2010年にファイナンシャルプランナー(FP)として独立し活動中。過去に大手金融ニュースメディアや損保公式サイトでも執筆活動を行った実績があり、「読みやすく理解しやすいライティング」を得意としている。2020年9月現在で、1,700記事以上の執筆実績がある。

編集者

ナビナビ住宅ローン編集部

住宅ローンを組む時に抱える「どうやって住宅ローンを選べば良いかが分からない」「金利の違いがよく分からない」「一番お得に借りられるローンはどれなの?」といった疑問・不安を解決できるように解説していきます。

住宅ローンに付帯できる「三大疾病保障」とは

三大疾病とは「がん」「急性心筋梗塞」「脳卒中」の3つの病気を指します。

そして三大疾病保障とは、がん、急性心筋梗塞、脳卒中が原因で所定の状態になったとき、住宅ローンの残高が0円になる保障のことです。

保障が適用される所定の状態の例を紹介します。

一般的な三大疾病保障が適用される所定の状態
がん 所定のがん(悪性新生物)と初めて診断確定されたとき
※上皮内がんや、皮膚の悪性黒色腫以外の皮膚がんは除外
急性心筋梗塞 急性心筋梗塞を発病し、60日以上労働の制限を必要とする状態が継続したとき
※労働の制限を必要とする状態とは、軽い家事や事務などの座業はできるが、それ以上の活動では制限を必要とする状態のこと
脳卒中 脳卒中を発病し、60日以上マヒや言語障害など他覚的な神経学的後遺症が継続したとき

通常、住宅ローンの契約時に加入する「団体信用生命保険(通称『団信』)」に年0.2~0.3%程度の金利を上乗せすることで、三大疾病の保障を付けられます。

三大疾病保障をつけるべきかは人によって異なる

三大疾病保障が必要かどうかは、住宅ローンを借り入れる人によって異なります。

三大疾病保障を付帯するべきか決めるポイントは以下の2つです。

  • 返済中に三大疾病にかかる可能性
  • 月々の返済負担額の増加

予想するのではなく、「自分にとって必要だと感じるかどうか」で判断してくださいね。

次項で、ご自身が三大疾病にかかる可能性を考えてみましょう。

返済中に三大疾病になるリスクはどれだけあるか

そもそも、住宅ローンの契約期間中に、三大疾病になるリスクがどれくらいあるのかを考えてみましょう。

住宅ローンの契約期間は最長でも35年ですが、多くの方は繰り上げ返済などを活用して、年金生活に入る60歳~65歳までに完済を目指します。

そう考えると、住宅ローンの契約期間は30歳~65歳ごろまでが多く、特に保障が必要なのは残高の大きい30歳~60歳ごろでしょう。

厚生労働省の「平成29年(2017)患者調査」を参考に、三大疾病になる確率はどれくらいか見てみましょう。

三大疾病の患者割合と平均入院日数
  全体 30~39歳 40~49歳 50~59歳 65歳以上
がん(悪性新生物) 178万2,000人 1.7%
(12.15日)
5.8%
(12.1日)
10.5%
(12.9日)
71.9%
(18.6日)
心疾患
※高血圧性のものを除く
173万2,000人 0.9%
(9.65日)
2.8%
(8.8日)
6.4%
(8.95日)
83.4%
(22.2日)
脳血管疾患 111万5,000人 0.5%
(31.1日)
2.7%
(34.15日)
6.2%
(47.65日)
83.7%
(86.7日)
総人口 1億2,670万6,000人 11.8% 14.9% 12.4% 27.7%

※出典:「平成29年(2017)患者調査 統計表」(厚生労働省ホームページ)
・三大疾病の総患者数:「表平番号61:総患者数,性・年齢階級 × 傷病分類別表」を参照
・三大疾病の平均入院日数:「表番号46退院患者平均在院日数,性・年齢階級 × 傷病分類 × 病院-一般診療所別」を参照
・総人口:「受療率の算出に用いた人口 全国推計人口(総人口),性・年齢階級別」を参照

上記の調査では、どの病気でも65歳以上で病気になる確率が圧倒的に高いですね。

したがって、住宅ローンの返済期間中、特に保障が必要になる30歳~60歳時に三大疾病になる確率は、それほど高くないことがわかります。

もちろん、少数とはいえ一定の患者数がいるのは事実ですし、がんも40歳ごろから患者数が増加しています。

ご自身が住宅ローン返済中に三大疾病になるリスクをふまえて加入するかどうか決めましょう。 

月々の返済負担額の増加

もうひとつの指標として、三大疾病をつけるかどうかは、月々の返済負担額によっても影響されます。

三大疾病保障特約の多くは、住宅ローン金利に年0.2%~0.3%の上乗せ費用が必要です。

金利が高くなればローン返済の負担額も大きくなるので、負担と保障のバランスを考えましょう。

ひとつの例として、三大疾病保障特約を付けると月々の返済負担は約4,000円増加(※)します

※適用金利0.5%と0.8%で借り入れ、金利変動がなかった場合の比較。
※借り入れ金額3000万円、返済期間35年、元利均等返済の場合。
住宅保証機構株式会社の住宅ローンシミュレーションを使用して算出。

35年間ずっと毎月の返済負担が増加しても、三大疾病保障を利用するべきか考えましょう。

月々4,000円程度の返済負担が厳しいというのであれば、三大疾病保障をつけないという選択肢も視野に入れてみてください。

三大疾病特約を利用する前に知っておくべき注意点

実は、三大疾病特約には以下4つの注意点があります

  1. 毎月の返済負担は大きくなる
  2. 三大疾病特約の途中解約はできない
  3. 生命保険&医療保険の見直しが必要
  4. 保障が適用外となるケースもある

これらは非常に大切なポイントなので、必ず理解しておきましょう。

一つずつ説明していきますね。

毎月の返済負担は大きくなる

三大疾病保障特約を付帯すれば、住宅ローンの金利が年0.2%~0.3%ほど高くなります

したがって、毎月の返済額も大きくなります。

特に、住宅ローンの借入額が大きい人や返済期間が長い人ほど、金利上乗せによる返済負担も重くなりますので、注意が必要です。

金利が年0.3%上乗せされた場合の月々の返済額、総返済額を見てみましょう。

金利上乗せによる返済負担例
  適用金利 毎月の返済額 総返済額
(諸費用は含めない)
三大疾病保障特約を付帯 0.8% 8万1,918 3,4405,447
通常の団信契約のみ加入 0.5% 7万7,875 3,2707,560
差額 4,043円 169万7,887円

※借り入れ金額3000万円、返済期間35年、元利均等返済、ボーナス払い無しの場合。
住宅保証機構株式会社の住宅ローンシミュレーションを使用して算出。

上記のとおり、借入金額3,000万円の場合、0.3%の金利が上乗せされれば月々の負担は約4,000円ほど増加します。

住宅ローン完済までの何十年間も、月4,000円多くローンを支払うのは大きな負担ですよね。

三大疾病保障を付けるときは、金利上乗せ分の月々負担額がいくらぐらいなのか、確認しておきましょう。

三大疾病特約の途中解約はできない

一般的に、住宅ローンの返済中での三大疾病保障特約の解約は認められていません

住宅ローンの返済途中で「団信の主契約部分だけ残して、特約部分だけ外したい」と思っても解約できず、金利が上乗せされた返済額を支払い続けることになります。

したがって三大疾病保障を付ける際は、負担額がアップしても無理なく返済していける計画を立てることが、非常に大切だといえますね。

とはいえ、住宅ローンを借り換えする際に三大疾病を付帯しなければ、実質的には解約と同じようなものです。

どうしても契約したくなったときは、借り換えという選択肢もあることを覚えておきましょう。

生命保険・医療保険の見直しが必要

住宅ローンで三大疾病保障特約付きの団信に加入する場合は、生命保険と医療保険の見直しが必要です。

なぜかというと、生命保険や医療保険の保障と三大疾病保障特約の保障が重複してしまい、家計に占める固定費の支払いが多くなってしまうからです。

三大疾病保障特約付きの団信には、

  • 死亡したとき
  • 高度障害状態になったとき
  • 三大疾病で所定の状態になったとき

という保障があるので、すでに加入している保険はどんなものか確認しておきましょう。

さらに金融機関によっては、三大疾病以外の病気やケガを保障する団信もあります。

すでに加入している生命保険や医療保険と重複するなら、既存の保険を解約するのか団信の保障を薄くするのかどちらかを選んでください。

見落としがちなポイントについてはナビナビ保険の「生命保険の見直しポイントとは? 見直し手順と注意点を把握して家計を節約しよう」で詳しく解説しています。

がん以外の保障条件は厳しい

三大疾病保障は、一般的にがん以外の保障条件は厳しめになっています

保障条件は下記の通りです。

一般的な三大疾病保障の条件

  • 急性心筋梗塞…急性心筋梗塞を発病し、60日以上労働の制限を必要とする状態が継続したとき
  • 脳卒中…脳卒中を発病し、60日以上マヒや言語障害など他覚的な神経学的後遺症が継続したとき

つまり発病し60日以内に治ったり、60日経過後も障害が残るような重症でなかったりした場合は、保障が適用されないということですね。

がん以外の保障は必要ないと感じるのであれば、わずか年+0.1%でがん団信が付帯するソニー銀行などを検討するのも一つの選択肢ですよ。

三大疾病保障特約を取り扱っている金融機関一覧

ここでは、三大疾病保障特約を取り扱っている金融機関を比較しやすいように、一覧表にまとめています。

比較する際は、

  • 上乗せ金利の利率
  • 急性心筋梗塞と脳卒中の保障条件
  • 三大疾病保障以外の保障の有無

のポイントを重視して比較してください。

おすすめの金融機関は三菱UFJ銀行とソニー銀行です。

三大疾病保障特約を取り扱っている金融機関一覧
金融機関 保障内容 上乗せ金利
【三大疾病】下記のいずれかに該当で 住宅ローン残金0円 その他の 疾病保障
がん 急性心筋梗塞 脳卒中
三菱UFJ銀行 診断確定※1 入院開始※2 入院開始※2 4つの生活習慣病に対する月額保障など 年0.3%
三井住友銀行 診断確定※1 所定の状態が60日間継続※3 所定の状態が60日間継続※3 すべての病気やケガに対する入院保障など 年0.3%
三井住友信託銀行 診断確定※1 所定の状態が60日間継続※3 所定の状態が60日間継続※3 すべての病気やケガに対する入院保障など 年0.3%
りそな銀行 診断確定※1 所定の状態が60日間継続※3
もしくは、 所定の手術※4を受けたとき
所定の状態が60日間継続※3
もしくは、 所定の手術※4を受けたとき
年0.25%
イオン銀行 診断確定※1 所定の状態が60日間継続※3 所定の状態が60日間継続※3 5つの病気に対する長期就業不能不能状態の保障など 年0.3%
ソニー銀行 診断確定※1 所定の状態が60日間継続※3
もしくは 、所定の手術※4を受けたとき
所定の状態が60日間継続※3
もしくは、 所定の手術※4を受けたとき
がんと診断時、給付金100万円
※上皮内がんは給付金50万円
年0.2%

※金融機関の三大疾病保障特約情報は、2020年11月13日現在のものを元に作成
※1 上皮内がんを除く
※2「入院開始」とは、・脳卒中の発病により言語障害、運動失調、麻痺等の他覚的な神経学的症状が急激に発生し治療を目的として入院を開始した場合・急性心筋梗塞を発病し、冠動脈に狭窄あるいは閉塞があることがわかり、その治療を直接の目的として入院を開始した場合
※3 「所定の状態」とは・急性心筋梗塞を発病し、初診日から60日以上労働の制限を必要とする状態が続いたと診断されたとき・脳卒中を発病し、初診日から60日以上マヒや言語障害など他覚的な神経学的後遺症が継続したと診断されたとき
※4「手術とは」・急性心筋梗塞を発病し、その急性心筋梗塞の治療を直接の目的として、病院または診療所において手術を受けたとき・脳卒中を発病し、その脳卒中の治療を直接の目的として、病院または診療所において手術を受けたとき・上記の手術とは、治療を直接の目的として、器具を用い、生体に切断、摘除などの操作を加えるもの。開頭術、開胸術、ファイバースコープ手術、血管・バスケットカテーテル手術のいずれかを指す
※各金融機関の三大疾病保障が付帯するプランは以下のとおり。
三菱UFJ銀行 「7大疾病保障付住宅ローン ビッグ&セブン〈Plus〉 3大疾病保障充実タイプ (金利上乗せ型)」、三井住友銀行 「8大疾病保障付住宅ローン」、三井住友信託銀行 「全入院保障付八大疾病保障 (充実プラン)」、りそな銀行 「3大疾病保障特約付住宅ローン」、イオン銀行 「8疾病保障プラス付住宅ローン」、ソニー銀行 「3大疾病保障特約付き団信」

上記表を見比べると、金融機関ごとにさまざまな三大疾病保障特約を提供していることがわかりますね。

これらの中で特におすすめできる住宅ローンを、次項でご紹介していきます。

三菱UFJ銀行(7大疾病保障付住宅ローン ビッグ&セブン)

三菱UFJ銀行住宅ローンの特徴解説

三菱UFJ銀行の「7大疾病保障付住宅ローン ビッグ&セブン〈Plus〉」は、三大疾病保障の適用条件が他の金融機関より幅広くなっています。

団信プラン名 団信特約上乗せ金利
7大疾病保障付住宅ローン ビッグ&セブン〈Plus〉」3大疾病保障充実タイプ (金利上乗せ型) 年0.3%

「保障が充実していて安心できる住宅ローンを探している」という方にピッタリですよ。

具体的な保障内容としては、急性心筋梗塞・脳卒中の適用条件が「入院を開始したとき」となっており、保障のハードルがかなり低くなっています

また三大疾病以外の4つの生活習慣病(高血圧性疾患・糖尿病・慢性腎不全・肝硬変)の補償内容も充実しています。

4つの生活習慣病の補償内容

  1. 働けない状態が30日を超えて継続した場合、毎月の返済負担を最長1年補償
  2. 働けない状態が1年30日を超えて継続した場合、住宅ローン残金が0円

糖尿病や高血圧性疾患など、日本人が年間100万人以上かかる生活習慣病※も保障されるので安心感がありますね。

※参考:厚生労働省 平成29年患者調査

このような保障の幅広さは、7大疾病保障付住宅ローン ビッグ&セブン〈Plus〉の大きなメリットでしょう。

ソニー銀行(3大疾病団信)

ソニー銀行住宅ローンの特徴

ソニー銀行住宅ローンは上乗せ金利年0.2%という安さで、がん保障に特化した団信特約を付帯できる商品内容になっています。

団信プラン名 団信特約上乗せ金利
3大疾病団信(3大疾病保障特約付き団信)」 年0.2%

ソニー銀行の三大疾病保障は、がんに関わる補償が充実しています。

ソニー銀行の3大疾病団信の特徴

  • がんと診断されたら給付金を100万円(上皮内がんは50万円)支給
  • がん先進医療で通算1,000万円まで保障

また脳卒中・急性心筋梗塞の保障条件も、「手術を受けたとき」が含まれているので、一般的な保障条件より使いやすい内容になっていますよ。

ソニー銀行の保障例

  • 急性心筋梗塞:「急性心筋梗塞を発病し、その急性心筋梗塞の治療を直接の目的として、病院または診療所において手術を受けたとき」
  • 脳卒中:「脳卒中を発病し、その脳卒中の治療を直接の目的として、病院または診療所において手術を受けたとき」

「コストと保障を両立させたい」という方におすすめの住宅ローンです。

【無料で全疾病保障が付帯】auじぶん銀行住宅ローン

auじぶん銀行住宅ローンの特徴解説

三大疾病保障を付けるかどうか迷っている場合は、無料で「全疾病保障」が付帯するがん50%保障団信を選ぶのも一つの方法です。

auじぶん銀行のがん50%保障団信の特徴

  • がんと診断された場合、住宅ローン残高の50%が保険金として支払われる
  • すべてのけが・病気で入院が継続180日以上となった場合、住宅ローン残高相当額が保険金として支払われる
  • すべてのけが・病気で入院が連続して31日以上になった場合または、以降入院が継続して30日に達するごとに毎月の住宅ローン返済額が給付金として支払われる

「全疾病保障」とは、精神障害を除くすべての病気やケガをカバーできる保障です。

auじぶん銀行のがん50%保障団信なら、金利はそのままで保障を充実させることができます。つまり返済負担を変えることなく、万一の病気やケガに備えることができるということですね

全疾病保障は金融機関によって保障条件が異なりますが、auじぶん銀行は低金利でお得な住宅ローンを提供しているため、コストが気になる人は選択肢に入れてみましょう。

まとめ

住宅ローンの三大疾病保障は、がん以外は適用条件が厳しく、保障も一生涯ではありません。

しかしながら適用条件に該当すれば、住宅ローン残高が100%保障されるので、備えとしては非常に心強いですよ。

当記事の重要ポイントは以下の3つです。

  • 三大疾病保障の必要性は、「住宅ローン返済期間中に、三大疾病になるリスクと金利と保障のバランス」をよく考えて判断することが大切
  • 三大疾病保障を付帯する場合は、「三菱UFJ銀行」と「ソニー銀行」の住宅ローンがおすすめ
  • 三大疾病保障を付帯しない場合は、金利上乗せなしで全疾病保障が付帯できる「auじぶん銀行」がおすすめ

三大疾病保障は途中で解約することができないため、慎重に考えて選択してくださいね。

各金融機関の適用条件を比較しながら、ご自身なりの必要性を考えてみましょう。

保険相談
スポンサーリンク
住宅ローン シミュレーション
auじぶん銀行
おすすめ住宅ローン
auじぶん銀行
満足度
4.7
auじぶん銀行
最低金利
0.310%

2021年07月適用金利

変動金利

全期間引下げプラン

au金利優遇割の場合

審査結果によっては異なる金利となることがあります。

総合人気ランキング
1位 auじぶん銀行
満足度
4.7
auじぶん銀行
最低金利
0.310%

2021年07月適用金利

変動金利

全期間引下げプラン

au金利優遇割の場合

審査結果によっては異なる金利となることがあります。

2位 住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.380%

2021年07月適用金利

変動金利

借り換え金利

3位 新生銀行
満足度
4.1
新生銀行
最低金利
0.450%

2021年07月適用金利

変動金利

総合人気ランキングを全て見る

おすすめの記事ランキング

新着記事

  • 国税庁
  • 国土交通省
  • 住宅金融支援機構
  • フラット35
たった1分 住宅ローン シミュレーション