• 2021.11.25

新生銀行住宅ローンの口コミまとめ!借りる前に知るべき2つのデメリット

監修者: 白坂大介 (ジョインコントラスト株式会社 代表取締役)

変動金利
変動金利(半年型)タイプ<変動フォーカス>
0.450%

2022年01月適用金利

当初10年固定
当初固定金利タイプ
0.850%

2022年01月適用金利

自己資金10%以上

当初20年固定
当初固定金利タイプ
1.000%

2022年01月適用金利

自己資金10%以上

全固定25年
長期固定金利タイプ
1.150%

2022年01月適用金利

自己資金10%以上

全固定35年
長期固定金利タイプ
1.350%

2022年01月適用金利

自己資金10%以上

保証料 事務手数料 繰上げ返済
手数料
無料 1.変動フォーカス:借入金額×2.20%(税込)
2.その他:55,000円(税込)
無料
審査期間 返済方法 来店
2週間程度 元利均等返済 不要
固定期間 借入可能額 対応地域
1~35年 ~1億円 全国

「うれしい0円」!保証料・一部繰上返済手数料・団体信用生命保険・ATM出金手数料が全て0円。また、事前審査(仮審査)がなく審査が1回のみのためスムーズに審査が進みます。 来店不要で契約まで可能。

『新生銀行住宅ローン』は、ネット銀行の中でも低い金利と、安い事務手数料が特徴です

日本マーケティングリサーチ機構が行った調査では、「金利+諸費用が魅力の住宅ローンNo.1※」に選ばれています。
※調査概要:2021年5月期_ブランドのイメージ調査 

「金利も低そうだし、新生銀行で住宅ローンを借りようかな?」と考えているかも知れませんが、借り入れるのは少し待ってください

確かに新生銀行住宅ローンには金利を始めとした、たくさんのメリットがあります。

しかし新生銀行には、借りる前に知っておくべき注意点もあるのです

新生銀行住宅ローンのデメリット

この記事では、新生銀行住宅ローンで実際に住宅ローンを借りている人の口コミや、メリット・デメリット、審査について解説していきます。

執筆・監修している専門家

監修者

白坂大介

ジョインコントラスト株式会社 代表取締役

保有資格・検定

2級ファイナンシャル・プランニング(FP)技能士、宅地建物取引士、住宅ローンアドバイザー、証券外務員1種

お客様と一生涯のお付き合いができる仕事に憧れ、大学卒業と同時にハウスメーカーに就職。 2008年にファイナンシャルプランナーの資格を取得。 2013年にはジョインコントラスト株式会社を設立し、webサイト「家計教師.com」を運営。 主にマイホーム購入や住宅ローン、生命保険、資産運用など、一般家庭向けのコンサルティングや講演会を行なっている。

執筆者

中澤悠生

ナビナビ住宅ローン編集部

保有資格・検定

3級ファイナンシャル・プランニング(FP)技能士、住宅ローンアドバイザー、

住宅ローンアドバイザー、3級ファイナンシャル・プランニング(FP)技能士。「家を買いたいけど、ローンをどう選べば良いかわからない」「不動産屋さんに勧められるままにローンを契約したけど後悔している」などの悩みを持っている方が多くいらっしゃいます。このような悩みを解決するべく、当サイトではどこよりも分かりやすい住宅ローン情報を届けることをモットーに執筆・編集をしています。

編集者

ナビナビ住宅ローン編集部

住宅ローンを組む時に抱える「どうやって住宅ローンを選べば良いかが分からない」「金利の違いがよく分からない」「一番お得に借りられるローンはどれなの?」といった疑問・不安を解決できるように解説していきます。

新生銀行住宅ローンの口コミ

新生銀行住宅ローンの口コミを調査したところ、

  • 金利が低い
  • 繰り上げ返済手数料がかからない

という意見が多くありました。

新生銀行住宅ローン

の特徴として、金利の低さがあります。実際に利用されている人も、金利を重視して借り入れたことがよく分かる口コミ結果になりました。

みんなの口コミ 掲載数4
とにかく、使い勝手の良い住宅ローンだと思います。
5
年齢 40代
金利タイプ
私は別宅で他の都市銀行の住宅ローンも利用していますが、そちらと比べてかなり使い勝手の良い住宅ローンだと思います。繰上げ返済はいつでも出来て、しかも手数料が無料というユーザビリティの高さは良いですね。その他、病気になった時の保障なども無料で付いており、この住宅ローンは安心して返済が出来る良い商品だと思います。
他社とも比較をしましたが、トータルの返済額が一番少ないと感じたので新生銀行に決めました。
5
年齢 20代
金利タイプ
新生銀行の住宅ローンは新築マンションを購入するために検討していました。新生銀行の住宅ローンの他にもいくつか候補があったのですが、私のライフスタイル合っていること、条件が良いことを理由に契約することを決めました。新生銀行とは以前から付き合いがあり、住宅ローンの相談もしていたので躊躇することはなかったです。金利タイプは当初固定金利の10年固定にしました。理由は10年間を目安に返済すること、低金利が続くというところです。
とにかく繰り上げ返済を早く進めたいと考えていたので、その条件に一致したのが新生銀行を選んだ理由です。
5
年齢 30代
金利タイプ
もともと別の銀行さんの住宅ローンを利用していました。その時は、半分は固定金利で、半分は変動金利にしていました。新生銀行さんを選んだ理由は全借り入れを変動金利にして、返済を早めていくこと。もう1つは銀行のATMの手数料が無料であり、また繰り上げ返済に、別途費用がかからないことでした。変動金利を選んだ理由は、しばらく金利は上がらないだろうと予測して、変動金利を選びました。
希望金額を借入れすることができました。
4
年齢 20代
金利タイプ
さまざまな銀行で相談をしましたが、銀行によって借り入れできる金額が違いました。他の銀行ではちょっとしか借り入れできませんでしたが、新生銀行なら、希望する金額を借り入れできるということでした。また、その他にも、繰り上げ返済についてもオンラインで繰り上げ返済ができるので簡単でしたし、新生銀行は支店も多くて安心感がありました。また、当時から変動金利の金利は非常に安かったです。
スクロールできます
1 / 4件

【公式】新生銀行で事前審査に申し込む

新生銀行住宅ローンの金利

金利タイプ 適用金利
変動金利(半年型)タイプ
<変動フォーカス>
0.450%

2022年01月適用金利

変動金利(半年型)タイプ
0.650%

2022年01月適用金利

当初固定金利タイプ
10年
0.850%

2022年01月適用金利

自己資金10%以上

当初固定金利タイプ
20年
1.000%

2022年01月適用金利

自己資金10%以上

長期固定金利タイプ
35年
1.350%

2022年01月適用金利

自己資金10%以上

新生銀行住宅ローンの特徴として、2種類の変動金利を取り扱っていることが挙げられます。

金利だけを見れば、「変動金利タイプ<変動フォーカス>」の方が低く設定されていますが、通常の「変動金利タイプ」は融資事務手数料が低く設定されています。

  • 低い金利の住宅ローンを利用したい方は、
    変動金利タイプ<変動フォーカス>
  • 借り入れ当初の諸費用を抑えたい方は、
    通常の変動金利タイプ

というように金利を低くしたいのか、諸費用を抑えたいのかによって自身に向いている金利タイプを選びましょう。

ステップダウン金利タイプの取り扱いもある

新生銀行住宅ローンでは「ステップダウン金利タイプ」という、少し珍しい商品も取り扱われています。

ステップダウン金利タイプの特徴は、契約から10年後以降、5年ごとに金利が下がっていくことです

借り入れからの年数 適用金利
1~10年目 スタート金利
11~15年目 スタート金利×90%
16~20年目 スタート金利×80%
21~25年目 スタート金利×70%
26~30年目 スタート金利×60%
31~35年目 スタート金利×50%

珍しい特徴的な金利タイプで、

  • 固定金利で借りたいけど、将来金利が上がらなかったら損をする気がする人
  • 将来の出費に向けて、月々の返済額を確実に抑えておきたい人

などに向いています。

新生銀行で住宅ローンを借りる前に知っておくべきデメリットと対策

新生銀行2つの注意点

ここでは新生銀行住宅ローンで借りる前に知っておくべき、2つの注意点を解説します。

新生銀行住宅ローンの注意点

  1. 変動フォーカスの事務手数料は安くない
  2. 変動金利の5年ルール、125%ルールが適用されない

注意点①変動フォーカスの事務手数料は安くない

変動フォーカスの手数料について

新生銀行住宅ローンの事務手数料は5.5万円(安心パックなしの場合)と非常に安いことがメリットです。

ただし「変動金利タイプ<変動フォーカス>」の融資事務手数料は、「借入金額×2.2%(税込)」となっています。

変動フォーカスは金利の低さが魅力の変動金利ですが、諸費用は他の金融機関と同じくらい必要です。

  • 諸費用が安いと思っていたのに、借り入れてみたら実は高かった……

とならないように、前もってかかる諸費用も確認しておいてくださいね。

対策:トータルコストで考えよう

住宅ローンの借り入れで大切なことは金利や諸費用を含めた、「トータルコストで住宅ローンを比較すること」です。

変動フォーカスは、事務手数料が一般的な費用です。

しかし適用される金利が他の銀行と比べても低いため、完済までのトータルコストで比べると、新生銀行のほうが安くなるケースがあります

複数銀行のトータルコストを比較するには、「住宅ローンの一括比較シミュレーションツール」が便利ですので、ぜひご活用ください。

注意点②変動金利の5年ルール・125%ルールが適用されない

5年125%ルールが適用されない

新生銀行住宅ローンを変動金利で借り入れるなら、5年ルール・125%ルールが適用されない点も注意しましょう

一般的に住宅ローンの変動金利には、以下の2つのルールがあります。

  • 5年ルール:
    金利が変動しても、5年間は毎月の返済額が変わらない
  • 125%ルール:
    金利が大きく上昇しても、毎月の返済額は直前の125%までしか上がらない

つまり、住宅ローンの金利がもし大きく変動しても、返済の負担が上がりすぎない仕組みになっているのです。

しかし新生銀行の変動金利には、これら2つのルールが適用されません

そのため金利が大きく上昇すれば、毎月の返済額も増えてしまう可能性があるのです。

返済負担の増加

通常の変動金利と、変動フォーカス、どちらも上記のルールは適用されないため注意しましょう。

対策:無理のない金額で借り入れる

5年ルール、125%ルールが適用されないため、もし金利が上昇しても無理なく返済できる金額を借り入れることが大切です。

借り入れ当初から家計に占める返済額が大きいと、少し金利が上昇しただけで支払いが滞りかねません。

  • もし金利が1%上昇した時はどれくらいの返済額になるのか
  • 何%の金利上昇までなら、無理なく返済を続けられるのか

などを事前にしっかりとシミュレーションしておきましょう。

新生銀行住宅ローンを利用する4つのメリット

新生銀行4つのメリット

ここからは、新生銀行住宅ローンを利用する4つのメリットを解説していきます。

他の銀行にはない特徴がありますので、しっかり確認しておいてくださいね。

新生銀行住宅ローンのメリット

  1. 融資事務手数料が安いので、諸費用を抑えられる
  2. 物件金額10%以上の頭金を用意すると金利が優遇される
  3. 安心保証付団信を金利上乗せなしで利用できる
  4. 契約日の金利が適用される

メリット①融資事務手数料が安いので、諸費用を抑えられる

新生銀行住宅ローンは、融資事務手数料が低く設定されているため、借り入れ当初の諸費用を抑えやすくなっています

新生銀行_事務手数料が安い

*安心パックの場合:11万円(税込)
*安心パックW・安心パックS・ステップダウン金利タイプの場合16万5,000円(税込)

一般的なネット銀行の事務手数料は「借入金額×2.2%(税込)」で設定されています。

借入金額が3,000万円だとすると、66万円ですね。

それに対して新生銀行住宅ローンの事務手数料は「定額5万5,000円(税込)」のため、他のネット銀行と比べて事務手数料がかなり安くなります

マイホーム購入時には、事務手数料などの諸費用以外にも多くのお金がかかるので、借り入れ当初の負担を抑えられるのは嬉しいですよね。

ただし変動フォーカスの諸費用は
「借入金額×2.2%(税込)」
と一般的な事務手数料になっているため、変動金利での借り入れを考えている人は注意しましょう。

メリット②物件金額10%以上の頭金を用意すると金利が優遇される

新生銀行で10%の頭金を用意できた場合のメリット

新生銀行住宅ローンで当初固定金利タイプを利用する際、物件金額の10%以上の頭金(自己資金)を用意することで、金利が0.05%優遇されます

優遇を受けることによって、固定20年の金利が他銀行と比べてもトップクラスの金利の低さになります。

先述のように融資事務手数料も安いため、固定20年での借り入れを検討している方にとって、新生銀行は有力な候補になるでしょう。

メリット③安心保証付団信(安心パック)を金利上乗せなしで利用できる

安心保障付き団信の紹介

新生銀行では「安心パック」に加入することで、「安心保証付団信」を利用できます。

安心保障付団信では、特定の症状によらず、所定の要介護状態が180日以上継続した場合、もしくは要介護3以上に認定された場合に、住宅ローン残高が保障されます

所定の要介護状態とは次に記載した5項目のうち、

  • 1項目が全部介助、かつ他の1項目が全部介助または一部介助の状態
  • もしくは5項目中3項目以上が一部介助の状態

となっている状態のことを指します。

要介護状態に関わる項目

  • 歩行
  • 衣服の着脱
  • 入浴
  • 食物の摂取
  • 排泄

適用される条件はやや厳しめではありますが、不慮の事故などで働けなくなった時に備えておけるのは嬉しいですね。

メリット④契約日の金利が適用される

契約日の金利が適用されるという説明図

新生銀行では、住宅ローンの契約日時点の金利が適用されます。

新生銀行以外の銀行で住宅ローンを借りる場合、一般的には契約日ではなく、融資実行日の金利が適用されます

つまり契約から融資実行までの期間が長い人の場合、「想定していた金利から変動してしまい、実際に適用される金利が高くなってしまった……」ということが起こりえます。

それに対して新生銀行では、契約日時点の金利が適用されるため、計画通りに返済しやすくなっています

新生銀行住宅ローンで借りた場合の返済シミュレーション

ここまでは、新生銀行住宅ローンのメリットや注意点について解説してきました。

しかし「実際に新生銀行で借りたら、どれくらいの返済額になるの?」ということも気になりますよね。

そこでこの章では、新生銀行住宅ローンで借りた場合の返済額を、借入金額ごとにシミュレーションしてみましょう。

借入希望額を入力すると、かんたんに返済額がわかりますよ。

新生銀行住宅ローンの審査について

ここでは新生銀行住宅ローンの審査について解説していきます。

審査の厳しさは、借入条件や人によって大きく異なってきますので、あくまで目安としてお考えください。

借入要件から考える審査の厳しさ

新生銀行の住宅ローンの借入要件は以下の通りです。

  • 新生総合口座パワーフレックスを開設している人、または申込と同時に新生総合口座パワーフレックスを開設する人
  • 借入申込時の年齢が20歳以上65歳以下で、かつ、完済時年齢が80歳未満の人
  • 団体信用生命保険への加入資格を有している人
  • 連続した就業2年以上、かつ前年度税込年収が300万円以上の正社員または契約社員
  • 自営業の方については業歴2年以上、かつ2年平均300万円以上の所得(経費控除後の金額)の人
  • 日本国籍または永住許可を有する人
  • 永住許可を有しない場合は、配偶者が日本国籍または永住許可を有し、かつその配偶者が連帯保証人である人
  • その他当行所定の資格・要件を満たしている人

転職後でも申込み可能

一般的な銀行では「勤続年数1年以上」や「勤続年数3年以上」というように条件が定められていて、転職してから間もない時期では申込みできないケースが多くあります。

しかし新生銀行住宅ローンでは、「勤続年数が◯年以上必要」というような条件を設けていません。

そのため新生銀行では、転職してから間もない方でも住宅ローンに申込み可能です

「転職してしばらくは住宅ローンを組めない」と耳にしたことがあるかも知れませんが、新生銀行では問題なく申込みできますよ。

審査のスピード

新生銀行には事前審査がありません。

また本審査から融資実行までに1か月半以上かかることもあるため、「物件を抑えるために、すぐに事前審査を通さないといけない」という人にとっては、やや不向きです

新生銀行住宅ローンの申込みの流れ

新生銀行で住宅ローンを申し込む際の方法を詳しく紹介します。

住宅ローンの借り入れを申し込む場合は、下記の書類を用意しましょう。

必ず必要な書類 ●健康保険証
●本人確認できる資料
収入の審査に必要な書類 ●住民税の課税証明書または住民税課税決定通知書
●確定申告書の控え
●所得税の納税証明書
返済中の借り入れに関する書類 ●返済予定表
●返済用口座の通帳または給与・賞与明細
物件に審査に必要な書類 ●不動産売買契約書
●重要事項説明書
●建築工事請負契約書
●建築確認申請書
●建築確認済証または建築確認通知書
●物件パンフレット
借り換えの場合 ●借り入れ中の返済予定表
●返済用口座の通帳または給与・賞与明細

対面相談で住宅ローンを申し込む場合

STEP1

請求した資料を郵送し、審査の申し込みをする

STEP2

審査に必要な書類が発送されるので、必要事項を記入し提出する

STEP3

審査結果が案内され、契約内容が確定する

STEP4

来店し契約する

STEP5

融資実行 

Web契約で住宅ローンを申し込む場合

STEP1

Web上から審査の申し込みをする

【公式】新生銀行で事前審査に申し込む

STEP2

審査に必要な書類をWEBより確認し、必要書類をアップロードする

STEP3

郵送または電話にて、本審査の結果を受ける

STEP4

必要書類を用意し、契約内容の確認、手続きを行う

STEP5

来店または電話にて契約する

STEP6

融資実行

新生銀行住宅ローンについて相談できる場所

新生銀行住宅ローンについて、質問や相談があるときは、

新生銀行住宅ローンの相談方法

  1. 電話
  2. 店頭窓口
  3. テレビ電話

で、相談が可能となっています。

特にテレビ電話であれば自宅からでも相談ができるので、返済計画や審査に不安がある方はぜひ利用してみてください。

相談①電話(新生パワーコール)

住宅ローン専用の「新生パワーコール(0120-456-515)」で相談が可能です。

住宅ローンの知識が豊富なスタッフが対応してくれるため、相談したいことがある場合には新生パワーコールがおすすめです

新生パワーコール:0120-456-515

受付時間:9:00~19:00
土日祝:対応可能

相談②店頭(新生銀行住宅ローンセンター)

新生銀行の住宅ローンセンターでの相談です。

電話とは違って、直接顔を合わせられるのがメリットです

受付時間
平日:9:00~17:00
土日:開催店舗による

相談③テレビ電話(場所はどこでもOK)

WEBから事前予約をすることで、場所を問わずに相談が可能です

最短1時間後からの相談が可能で、PCやスマホの画面上で資料やシミュレーションを見ながら相談ができます。

受付時間:10:00~18:00
土日祝 :対応可能(年末年始を除く)

まとめ

新生銀行住宅ローンの特徴解説

この記事では新生銀行住宅ローンについて解説してきました。

新生銀行住宅ローンのメリット・注意点をまとめると下記の通りとなります。

新生銀行住宅ローンの注意点

  • 変動フォーカスの事務手数料は安くない
  • 変動金利の5年ルール、125%ルールが適用されない

新生銀行住宅ローンのメリット

  • 融資事務手数料が安いので、諸費用を抑えられる
  • 物件金額10%以上の頭金を用意すると金利が優遇される
  • 安心保証付団信を金利上乗せなしで利用できる
  • 契約日の金利が適用される

新生銀行の住宅ローンは、他の銀行にはないメリットの多い、特徴的な商品です。

メリットと注意点の両方をしっかりと押さえた上で、利用するかどうかを検討してくださいね。

変動金利
変動金利(半年型)タイプ<変動フォーカス>
0.450%

2022年01月適用金利

当初10年固定
当初固定金利タイプ
0.850%

2022年01月適用金利

自己資金10%以上

当初20年固定
当初固定金利タイプ
1.000%

2022年01月適用金利

自己資金10%以上

全固定25年
長期固定金利タイプ
1.150%

2022年01月適用金利

自己資金10%以上

全固定35年
長期固定金利タイプ
1.350%

2022年01月適用金利

自己資金10%以上

保証料 事務手数料 繰上げ返済
手数料
無料 1.変動フォーカス:借入金額×2.20%(税込)
2.その他:55,000円(税込)
無料
審査期間 返済方法 来店
2週間程度 元利均等返済 不要
固定期間 借入可能額 対応地域
1~35年 ~1億円 全国

「うれしい0円」!保証料・一部繰上返済手数料・団体信用生命保険・ATM出金手数料が全て0円。また、事前審査(仮審査)がなく審査が1回のみのためスムーズに審査が進みます。 来店不要で契約まで可能。

住宅ローン シミュレーション
auじぶん銀行
おすすめ住宅ローン
auじぶん銀行
満足度
4.7
auじぶん銀行
最低金利
0.289%

2022年01月適用金利

変動金利

全期間引下げプラン

2022年1月現在の金利にau金利優遇割および金利引下げキャンペーンの金利引下幅を適用した金利であり、実際のお借入日の金利により変動します。

審査の結果によっては、本金利プランおよび本キャンペーンをご利用いただけない場合がございます。

総合人気ランキング
1位 auじぶん銀行
満足度
4.7
auじぶん銀行
最低金利
0.289%

2022年01月適用金利

変動金利

全期間引下げプラン

2022年1月現在の金利にau金利優遇割および金利引下げキャンペーンの金利引下幅を適用した金利であり、実際のお借入日の金利により変動します。

審査の結果によっては、本金利プランおよび本キャンペーンをご利用いただけない場合がございます。

2位 住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.380%

2022年01月適用金利

変動金利

借り換え金利

3位 新生銀行
満足度
4.1
新生銀行
最低金利
0.450%

2022年01月適用金利

変動金利

総合人気ランキングを全て見る

おすすめの記事ランキング

新着記事

  • 国税庁
  • 国土交通省
  • 住宅金融支援機構
  • フラット35
変動金利
0.450%

2022年01月適用金利

当初10年固定
0.850%

2022年01月適用金利

自己資金10%以上

当初20年固定
1.000%

2022年01月適用金利

自己資金10%以上

全固定25年
1.150%

2022年01月適用金利

自己資金10%以上

全固定35年
1.350%

2022年01月適用金利

自己資金10%以上