• 2021.09.06

西向きのマンションは後悔する?向いている人・いない人、デメリットを解説

執筆者: よしだゆき (ライター)
西向きマンションに向いている人・いない人


マンション選びで気になることのひとつが、住戸の向きですよね。

人気の向きといえば、南向きです。

しかし、南向きのマンションは人気な分、価格も高くなりやすい傾向があります。

そこで考える方が多いのが、「西向きや東向きの物件の住み心地はどうなのだろう」ということ。

西向きのマンションは、午前中は日差しが入りにくいものの、午後には部屋が明るくなるのが特徴です。

しかし、夏場には部屋が暑くなってしまったり、午前中に部屋が暗くなってしまったりといったデメリットから「入居後に後悔した……」という人も

そこでこの記事では、西向きのマンションのメリットやデメリット、どんな人に向いているのかといったポイントをご紹介します。

また、風水的な見解や、西向きのマンションは売却しづらいのかなど、徹底的に解説します。

執筆・監修している専門家

執筆者

よしだゆき

ライター

元住宅情報誌編集者。 築35年の中古マンションをフルリノベして、 都内に暮らす住宅系フリーライター。 街歩き・再開発・タイルのおうちが好き。2児の母。

編集者

ナビナビ住宅ローン編集部

住宅ローンを組む時に抱える「どうやって住宅ローンを選べば良いかが分からない」「金利の違いがよく分からない」「一番お得に借りられるローンはどれなの?」といった疑問・不安を解決できるように解説していきます。

西向きマンションの特徴

西向きのマンションは、午前中は日差しが入りづらいものの、午後には部屋が明るくなります

一方で、夏場の午後は西日で部屋が暑くて過ごしにくいことも。

また、値段は南向きや東向きのマンションよりは抑えられます。

ここからは、西向きマンションの特徴を、以下のポイントからほかの向きのマンションと比較して解説します。

西向きとほかの向きのマンションとの比較

日当たり

住戸の向き別に日当たりを比べてみると、以下のようなイメージです。

南向き
最も日が差し込む時間が長く、日中はずっと明るい物件が多い。
冬場は暖かく、夏場は日差しが垂直になるので日が差し込む時間は短く、涼しく過ごせる。
東向き
朝日が差し込み、午前中は洗濯物がよく乾く。
午後は部屋が暗くなってしまうこともあるが、その分気温が高い夏場は涼しく過ごせる。
西向き
午後から日差しが差し込む。
夏場は西日によって室内が暑くなりやすいが、冬場は暖かく過ごせる。
北向き
日当たりは最も悪い。夏場は涼しいが、冬場は寒くなりやすい。
床やインテリアが日焼けする心配が少ない。

このように、マンションの向きによって日差しが入る時間帯・長さ・室温などが変わってきます。

自分がいつ家にいるのか、寒がり・暑がりなのかによって、適しているマンションの向きは変わってきます。

値段

マンションの向きによって、値段は変わってきます。

最も高いのは南向きのマンションです。

では、東向きや西向きのマンションはどうなのでしょうか。

南向きのマンションを基準とし、それぞれの相場を比較してみましょう。

南向きのマンションを基準とした
それぞれの相場比較
南向き 基準方位
東向き -3~7%
西向き -5~9%
北向き -10~20%

また、東向きと西向きを比較すると西向きのほうが安く、南向きのマンションと比べると-5~9%ほどの価格です。

西向きマンションのメリット

西向きのマンションは、南向きや東向きと比べて安く購入できることが分かりました。

西向きマンションを購入するメリットは大きく分けて3つあります。

西向きのマンションのメリット

  1. 冬場は暖かい
  2. 午後は明るい
  3. 価格を抑えられる

メリット1:冬場は暖かい

1つ目のメリットは、冬場は暖かいことです。

西向きのマンションは午後から西日が入ってくるため、部屋の温度が上がり、冬場でも暖かく過ごせます。

そのため、暖房費を節約できるというメリットがあります。

メリット2:午後は明るい

2つ目のメリットは、午後は室内が明るいことです。

西向きのマンションに日が当たるのは正午以降になりますが、日没までたっぷりと日差しが入ります。

そのため、日中は電気を点けなくても十分過ごせる場合も多いようです。

また、昼過ぎに洗濯物を干しても日差しでよく乾くので、家事を午後にやりたい方にもピッタリです。

メリット3:価格を抑えられる

3つ目のメリットは、購入価格を抑えられることです。

西向きのマンションは南向きや東向きより人気がないため、価格を抑えられます。

相場としては、南向きの住戸より5~9%ほど安く購入できます

予算が十分でない場合には、西向きのマンションを検討してもいいかもしれません。

西向きマンションのデメリット

西向きのマンションは、午後が明るかったり冬場でも暖かく過ごせたりするメリットがあります。

一方で、デメリットがあるのも事実です。

ここからは、西向きのマンションのデメリットを大きく分けて3つご紹介します。

西向きのマンションのデメリット

  1. 夏場に暑くなりやすい
  2. 午前中日差しが入りにくい
  3. 西日がまぶしい

デメリット1:夏場に暑くなりやすい

1つ目のデメリットは、夏場に暑くなりやすいことです。

西向きのマンションには、午後から西日がたっぷりと入ってきます。
そのため、夏場の暑さはかなりのものです。

直射日光を浴びる西向きの壁は、夜まで熱を持っていたり、日焼けしてしまったりすることもあります。

デメリット2:午前中日差しが入りにくい

1つ目のデメリットは、午前中に日差しが入らないことです。

西向きのマンションに日差しが入ってくるのは正午以降です。

そのため、午前中は日差しが入らず、「朝日と一緒にスッキリ起きたい」という方にとっては不満に感じるかもしれません。

デメリット3:西日がまぶしい

3つ目のデメリットは、西日がまぶしいことです。

西向きのマンションは午後から日差しが入ってきますが、なかには西日がまぶしくカーテンを開けられないこともあります。

明るい室内は快適ですが、西日対策として遮光カーテンは必須でしょう。

西向きマンションが向いている人・向いていない人

マンションは住む人の起床時間や在宅時間などのライフスタイルによって、合っているマンションの向きが変わってきます

では、西向きマンションが向いている人・向いていない人とはどのような人なのでしょうか。

向いている人

西向きのマンションが向いているのは、以下のタイプの人です。

西向きのマンションが向いている人

  • 冬の寒さが苦手な人
  • 物件の価格をおさえたい人

西向きのマンションは午後から西日が入ってくるため、冬場でも暖かく過ごせます。

冬の寒さが苦手な人でも快適に過ごしやすいので、冷え性や寒がりの人におすすめです。

また、西向きのマンションは南向き・東向きより価格を抑えられるので、「物件価格は少しでも抑えたい」という方にも良いでしょう。

向いていない人

一方、西向きのマンションが向いていない人は、以下のタイプの人です。

西向きのマンションが向いていない人

  • 夏の暑さが苦手な人
  • 西日が入るのが嫌な人

西向きのマンションは夏場になると西日が入ってきて暑くなってしまうので、暑いのが苦手な方には向いていません

また、室内でも日焼けが気になる方や、西日のまぶしさがストレスに感じる方も日向きのマンションは避けたほうが良いでしょう。

西向きのマンションは風水的にどう?

住戸の向きを考えるうえで、方角も気になる方も多いでしょう。

西向きのマンションは風水的に良いのでしょうか。

風水では、北東の方角が鬼門、南西が裏鬼門とされよくない方角といわれています。

ただし、風水では窓の向きはあまり重要ではなく、鬼門や裏鬼門にあるとよくないとされるのは「三備(玄関・キッチン・トイレ)」です。

ちなみに、マンションの場合、風水では建物のメインエントランスを「玄関」とするのが一般的です。

風水が気になる人は、チェックしてみるといいでしょう。

寝室や子ども部屋などは鬼門や裏鬼門においても影響が少ないとされているので、部屋を決める際に意識できるといいですね。

風水的な家との相性は人によって違う

風水では、自分の生年月日などによって相性の良い方角・悪い方角があるといわれています。

そのため、「西向きのマンションが風水で見ると良い・悪い」とは一概にはいえません。

気にしすぎる必要はありませんが、家との相性は人によって違うので参考にしてもみても良いでしょう。

西向きのマンションは売れない?

マンションで人気の向きは南向きです。

「日当たりが良い部屋に住みたい」と考える人は、南向きに限定してマンションを選ぶことも多くあります。

では、西向きのマンションは売れないのでしょうか。

西向きのマンションを売るときには、2つのポイントを抑えて売却活動をすることが大切です。

西向きのマンション売却時のポイント

売却時のポイント1:冬に売る

1つ目のポイントは、冬に売ることです。

西向きのマンションは、夏場は西日で厳しい暑さになります。

そのため、夏場に内覧をすると、「暑さが厳しい部屋」だと思われてしまいます

反対に冬場はたっぷりと日差しが入って心地よく過ごせるので、冬場に売るほうがメリットを伝えられるでしょう。

売却時のポイント2:内覧は午後にする

2つ目のポイントは、内覧は午後に設定することです。

西向きのマンションは午前中には日が入りにくく、午後になると日が入り始めます。

そのため、午後に内覧をすることで「日差しが入って明るい部屋」だと思ってもらえます

内覧の時間の融通がきく場合は、午後を希望してみると良いでしょう。 

まとめ

この記事では、西向きのマンションのメリットやデメリット、どのような人に向いているのかなどについてご説明しました。

西向きのマンションは冬場でも暖かく、価格を抑えて購入できるというメリットがあります。

一方で、夏場の暑さが厳しかったり、西日がまぶしかったりするデメリットがあるのも事実。

そのため、西向きのマンションは寒いのが苦手で、物件の価格を抑えて購入したい方に向いています。

マンションの向きは快適に暮らすうえで大切ですが、こだわりすぎると選択肢が狭まってしまいます。

理想の向きでなくても内覧し、気になるデメリットがあったらカーテンなどで工夫をしてみるのもひとつの手です。

自分のライフスタイルに合わせて、理想のマンションを手に入れてくださいね。

保険相談
スポンサーリンク
住宅ローン シミュレーション
auじぶん銀行
おすすめ住宅ローン
auじぶん銀行
満足度
4.7
auじぶん銀行
最低金利
0.310%

2021年09月適用金利

変動金利

全期間引下げプラン

au金利優遇割の場合

審査結果によっては異なる金利となることがあります。

総合人気ランキング
1位 auじぶん銀行
満足度
4.7
auじぶん銀行
最低金利
0.310%

2021年09月適用金利

変動金利

全期間引下げプラン

au金利優遇割の場合

審査結果によっては異なる金利となることがあります。

2位 住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.380%

2021年09月適用金利

変動金利

借り換え金利

3位 新生銀行
満足度
4.1
新生銀行
最低金利
0.450%

2021年09月適用金利

変動金利

総合人気ランキングを全て見る

おすすめの記事ランキング

新着記事

  • 国税庁
  • 国土交通省
  • 住宅金融支援機構
  • フラット35
たった1分 住宅ローン シミュレーション