• 2021.12.02

コロナ禍での住まいと生活に関する意識調査 今年の年末は、どう過ごす? ~2022年のお正月 3人に1人がおせち料理を用意しない~

執筆者: ナビナビ住宅ローン編集部

株式会社エイチームのグループ会社である株式会社エイチームフィナジー(本社:大阪府大阪市、  代表取締役社長:林和樹)は、20歳から49歳の女性700名を対象に「コロナ禍での住まいと生活に関する意識調査」を実施しました。

調査の結果、コロナ禍の2020年~2021年に、住宅を購入した人や住み替えた人、また、リフォームやリノベーションを行った人、またはそれらを検討した人は約半数の46%もいることがわかりました。

また、コロナ禍で住宅に求める条件や住宅の選び方に変化があったと答えた人も43%と多く、新型コロナウイルス感染症が住環境にも大きな影響を及ぼしていることが見て取れました。

さらに、コロナ禍の今年の年末の過ごし方として、自宅で過ごす人は約6割で、お家時間が長くなる傾向にあるようです。

調査方法 :インターネットによる調査
調査対象 :全国にお住まいの20歳から49歳以下の既婚女性 
調査エリア:全国 
サンプル数:700

  • 住宅の購入、住み替え、リフォーム、リノベーションを行った、または、検討した人は約5割!
  • コロナ禍で住宅に求める条件や住宅の選び方に変化があった人は4割以上!
  • 在宅勤務やおうち時間を意識して住宅を選びたいという声も
  • コロナ禍以前の年末の過ごし方、自宅で過ごしていた人は約半数
  • コロナ禍の今年の年末の過ごし方、自宅で過ごす人は約6割!
  • お正月におせち料理を用意しない人 約35

執筆・監修している専門家

執筆者

ナビナビ住宅ローン編集部

住宅ローンを組む時に抱える「どうやって住宅ローンを選べば良いかが分からない」「金利の違いがよく分からない」「一番お得に借りられるローンはどれなの?」といった疑問・不安を解決できるように解説していきます。

編集者

ナビナビ住宅ローン編集部

住宅ローンを組む時に抱える「どうやって住宅ローンを選べば良いかが分からない」「金利の違いがよく分からない」「一番お得に借りられるローンはどれなの?」といった疑問・不安を解決できるように解説していきます。

住宅の購入、住み替え、リフォーム・リノベーションを行った、または検討した人は約5割!

グラフ:住宅の購入や住み替えを検討したか

コロナ禍の「2020年から2021年にかけて、住宅の購入や住み替えなどを検討されましたか?」と質問したところ、住宅を購入した人や住み替えた人、また、リフォームやリノベーションを行った人、またはそれらを検討した人は約半数の46%もいることがわかりました。

コロナ禍でお家時間が増えるなか、住環境を充実させたいと考えた人が多いようです。

コロナ禍で住宅に求める条件や住宅の選び方に変化があった人は4割以上!

グラフ:住宅に求める条件や選び方が変化したか

コロナ禍での住宅選びについて、意識が大きく変化した、または、やや変化したと回答した人が43%といく結果になりました。今回のコロナ禍で、多くの人が住宅に求める条件や選び方などの意識の変化があったようです。 

在宅勤務やおうち時間を意識して住宅を選びたいという声も

住宅に求める条件が変わった理由として、在宅勤務やおうち時間を意識したという声が多く聞かれました。一方、在宅勤務を実施していないため、特に変化はなかったという意見もありました。

【大きく変化した】

・学校などから遠く学生との接触を極力減らすような場所であること

・みんなの集まるリビングを広くて開放感があると、ストレスなくなりそうだと思った

・在宅が進み、都心に近くなくても仕事ができるようになった

・家にいる時間が長くなったので よりプライベート空間にこだわった設計に惹かれた

【やや変化した】

・リモートワークが取り入れられるようになり、会社への通勤にかかる時間を考慮する必要が、以前よりは少なくなったため、都心から離れた場所への移住も良いと感じるようになったため

・おうち時間が増えたためお庭がついているところがいいなと思ったから

・玄関付近に手洗い場を付けたいと思った

・ウイルスを家に持ち込まない工夫がある家がいいなと思った

・テレワークのしやすい環境を作りたいと考えるようになったから

【変化はない】

・コロナ前に家を購入していた為、変わったことはない

・夫婦共働きで、リモートワークが一切ない仕事なので

住宅に求める条件が変わった理由として、在宅勤務やおうち時間を意識したという声が多く聞かれました。一方、在宅勤務を実施していないため、特に変化はなかったという意見もありました。

コロナ禍以前の年末の過ごし方、自宅で過ごしていた人は約半数

グラフ:コロナ以前の年末の過ごし方

コロナ禍以前の年末は、自宅で過ごしていた人は約半数の49%、また、自分の実家で過ごすは21.5%という結果になり、7割以上の人が、年末は、自宅や実家でゆっくりと過ごしていたことがわかりました。

コロナ禍の今年の年末の過ごし方、自宅で過ごす人は約6割

グラフ:コロナ禍の年末の過ごし方

一方、「コロナ禍の今年の年末はどのように過ごされる予定ですか?」との質問には、約6割の人が「自宅で過ごす」と回答し、他人との接触を避け、お家時間を増やす人が多いことがわかりました。

また、「わからない」と答えた人が全体の約2割の16.4%となり、年末の過ごし方を決めかねている人も多いようです。

お正月におせち料理を用意しない人 約35%

グラフ:今年のおせち

「来年のおせちは用意される予定ですか?」との質問に、おせち料理を用意しないと約35%の人が回答しました。

来年のお正月は、不必要に他者との接触を避け、自宅で過ごす人が多いためか、特におせち料理を用意しない人も多いようです。

保険相談
スポンサーリンク
住宅ローン シミュレーション
auじぶん銀行
おすすめ住宅ローン
auじぶん銀行
満足度
4.7
auじぶん銀行
最低金利
0.289%

2021年12月適用金利

変動金利

2021年12月現在の金利にau金利優遇割および借換え金利引下げキャンペーンの金利引下幅を適用した金利であり、実際のお借入日の金利により変動します。

全期間引下げプラン

審査の結果によっては、本金利プランおよび本キャンペーンをご利用いただけない場合がございます。

総合人気ランキング
1位 auじぶん銀行
満足度
4.7
auじぶん銀行
最低金利
0.289%

2021年12月適用金利

変動金利

2021年12月現在の金利にau金利優遇割および借換え金利引下げキャンペーンの金利引下幅を適用した金利であり、実際のお借入日の金利により変動します。

全期間引下げプラン

審査の結果によっては、本金利プランおよび本キャンペーンをご利用いただけない場合がございます。

2位 住信SBIネット銀行
満足度
4.5
住信SBIネット銀行
最低金利
0.398%

2021年12月適用金利

変動金利

借り換え金利

3位 新生銀行
満足度
4.1
新生銀行
最低金利
0.400%

2021年12月適用金利

変動金利

総合人気ランキングを全て見る

おすすめの記事ランキング

新着記事

  • 国税庁
  • 国土交通省
  • 住宅金融支援機構
  • フラット35
たった1分 住宅ローン シミュレーション